もんぺの型紙の取り扱い始まります!

最近、気になってるアイテム
それは『もんぺ』

きっかけはというと
オープン当初より
何度も行ってる九州。

前回の旅の際、初めて訪問した
福岡県八女市にある
うなぎの寝床さん
白水さん、春口さんのお二人のユニットで
筑後地方、九州のものつくりを伝える

素敵なお店さんです

そちらで、取扱いをされているのが
地元久留米絣を使ったもんぺ

今回、うなぎの寝床さん考案で
現代の生活に履きやすい形で作れる
もんぺの型紙の取り扱いを
FRANK 暮らしの道具でも
させて頂くことになりました。

もんぺは元々農作業着として
着られていた方がほとんどのもの。

恥ずかしながら、農作業をしたことのない僕からすると
新鮮で、これからの夏に機能的で、涼しげでいいなあと。

そうなるといてもたってもいられず
前回の訪問に引き続き、今回も
八女のうなぎの寝床さんにお邪魔し

念願の自分用の
もんぺを今回購入。

今後、もんぺ型紙を使って
別の素材でも作って見たいと
思ったりしています。

今年の夏に向けて
もんぺを作ったりなんてどうでしょう(^^)

最後にこの場を借りて
定休日の訪問にも関わらず
快くご対応頂いた
うなぎの寝床の白水さん、春口さん
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA