木の葉猿

この素朴な人形は 熊本県の郷土玩具で
木の葉猿といいます。

写真左側は子抱猿、右側が馬乗猿

僕が初めて見たのは昨年
骨董市で他の出展されていたお店で見つけて
なんなんだこれは?!

何とも言えない味わいのある表情に
胸をきゅんとしめつけられ
覚えています。

そして、月日は流れ
この間、九州へ行った際に
現在も作られている窯元さんを知り
FRANKでお取扱いさせていただくことになりました。

型を使わず指先で粘土をひねって作られるもので
素焼きの素朴さと、とぼけた味わいのある玩具で
悪病、災難除けや安産子宝、子孫繁栄の守り神
として愛玩されているものです。

どうぞ、ご来店の際には
是非、何とも言えないお猿さんを
みてやってくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です