砥部焼・梅山窯さんのうつわ入荷しました!

本日もご来店ありがとうございます!

今日のご紹介はこれからの季節にはピッタリの砥部焼、梅山窯さんのうつわが入荷したので
ご紹介しますね♪

梅山窯さんのうつわについて

砥部焼は、300年以上も前からくらしの実用陶器として焼き始められ、安永4年(1775年)大洲藩主・加藤泰候はこの地方に埋蔵する磁器の原料を生かして、磁器の製法を研究するように命じ、安永6年、杉野丈助は苦心の末これに成功して今日の砥部焼をみるようになりました。現在砥部焼は国の伝統的工芸品にしじされそのよさを広くみとめられています。
梅山窯ではその伝統を受け継ぎ、「用と美」をコンセプトに暮らしの中で生きる器を製作しています。唐草をはじめ、自然をモチーフとしたシンプルで躍動感のある文様が特徴的で、あたたかみのある白磁の器に深い藍色と色絵で描かれたデザインは、飽きのこない伝統的な雰囲気を出しています。ろくろから絵付けまですべて手作業で、実用食器、額皿、花瓶などを製作しています。

今回はそば猪口、丸皿、お茶碗、六寸玉緑鉢の入荷になります!
白いうつわに呉須の絵付けが涼し気ですよ~
早速店頭に並べましたのでお越しの際にはご覧くださいね^^

それでは定休日明け水曜日もご来店お待ちしております!

スタッフ 八塔

岡山市の民芸の器と雑貨のお店
FRANK暮らしの道具

通販サイト http://frank-dougu.shop-pro.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA