沖縄なかどまり工房

沖縄の焼き物は、やちむん と呼ばれ400年もの昔から作られています。
沖縄の大胆で迫力のある器。好きですー
買い付けにいったとき、偶然知った工芸フェアでお会いした
なかどまり工房の登川さんご夫妻。
翌日工房にもお邪魔させて頂き、北窯で修行されたことや
そこで教えてもらったこと。水が流れるような仕事をしなさいと
言われたことなどを聞きました。

写真は登川さんのダチビン(左)とカラカラ
ダチビンは昔、紐でつって腰に当てて持ち運ぶ酒器
でした。今はかざりとして使うといいですね。
カラカラも酒器で、ほんとは中に陶丸が入ってて酒がなくなると振るとカラカラいいます。

どちらも目に和むぽってりした雰囲気。
見てるだけで沖縄の昔の風景が思いうかぶようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA