JP 齊藤十郎さんのうつわ

本日もご来店ありがとうございます!

明日からお盆休みで 今日はお仕事の方も多かったんじゃないでしょうか
FRANKはお盆も休まず営業しているので定休日の昨日一足先に私は実家へ帰ってきました。
っと言っても車で15分で帰省できるんですけどね(笑)
今年はコロナの影響もありいつも通りのお盆とゆう訳にはいかない方も多いと思いますが
せめて帰省が難しい方はご先祖様に手だけでも合わせるだけでもいいと思います。

前置きが長くなりましたが今日のご紹介になります!

齊藤十郎さんの象嵌のうつわ。

象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味があります。象嵌本来の意味は、一つの素材に異質の素材を嵌め込むと言う意味で成型した器に彫刻を施し、そこに色の異なる土を象嵌する方法になります。

静岡県伊東で作陶される齊藤十郎さんは熊本の小代焼ふもと窯、鳥取の岩井窯で修行の後、岐阜県朝日村で独立。
その後、静岡県伊東市へ移転して現在の窯を立ち上げました。
代表的なスリップウェアは余白を大きくとることで、模様に対し縁の部分をすっきりと仕上げており、その他の象嵌や点打ちと言ったうつわも、料理を盛った時に良く映える様に意識しながら作陶されています。

それでは明日もご来店お待ちしております!

スタッフ 八塔

齊藤十郎さんの商品を通販でも販売中です

岡山市の民芸の器と雑貨のお店
FRANK暮らしの道具

通販サイト http://frank-dougu.shop-pro.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA