濱田庄司

民藝をかたるうえで
欠かせない三人

その内一人 濱田庄司さんが
長い年月をかけてかいしゅうした
陶磁器、漆器、木工、金工、家具、染織
その他の工芸品を展示、公開するために
自宅の一部を活用して開館された
益子参考館

中は広く茅葺きの邸宅

大谷石をしようしている蔵

展示されている
陶磁器

どれも一流のものばかりで
圧巻されぱなっし

そんななかをねこが
無邪気に遊んでいました

僕もそうでしたが、たぶん猫も
居心地がいいんでしょうね

いよいよ、旅も明日が最終日
東京観光して帰ります

最後に、民藝店ましこの
皆様、楽しいお話から
ご親切にしていただき
本当に有り難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

益子パワー

次の記事

今日ははとバスで