倉敷

この旅でいろいろ見た目を忘れないうちに、
もっかい詰め込みに。
昼過ぎてから美観地区、大原美術館へ。
ワタシたちの見たいとこは工芸館。
そこにはたくさんのすばらしい作品がありました。
濱田庄司さんの鉄絵、がすきかも。

芹沢さんの登り窯の絵の着物も素敵でした。
そして民衆の工芸から 民芸 ということばを作った三人。
濱田、柳、河井。多くの影響を与えともに日本民芸を色濃くした
バーナードリーチ。鉄絵の、うさぎのおお皿が印象的でした。
いやあ、実は恥ずかしながら二人とも初めての大原美術館。
おみそれしました。大興奮でした。

そして帰りにキャンドルとジャズ。
昨日今日とジャズに包まれてた美観地区。
やっぱり倉敷はいいなぁ、と、夫。
私もそう、おもいました。結婚前にも、二人で歩いたしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

帰ります2

次の記事

バージョンアップ