芭蕉紙 紅型染

沖縄に三月にうつわの買付にいった際に
情報もないなかレンタカーの
車内で偶然聴いた沖縄工芸フェア
のお知らせのラジオ

沢山の出展者の皆さんの中
frank家と致しましては

染織工房 バナナネシアさんの
芭蕉紙をセレクト

作り手の福嶋さんは糸芭蕉の栽培、繊維の採取、糸の紡ぎなど根気のいる手仕事の全工程を自ら手掛けられています。

芭蕉紙も芭蕉布を作る行程で
使わない繊維部分を原料として
生み出されたものです。

手をかけたものだから
 捨てられない
という思いのこもった芭蕉紙
是非、オープンしましたら
手にとってみてください

今日、届いたものから何点か
ご紹介

沖縄と言えばシーサー

これからの季節に紫陽花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

わっぱ弁当の会

次の記事

突貫作業。