小鹿田焼のうるか壺

本日もご来店ありがとうございました!

今夜は昨日ご紹介した小鹿田焼 黒木富雄・昌伸窯さんの
うるか壺のご紹介です

元々、鮎の内蔵を塩漬けにして保存するために
使われていたうるか壺

今は、キッチン周りに置いてお塩やお砂糖などの調味料
入れにお求めいただくことの多いこちらの壺

こちらは、一合壺
【サイズ】 胴経 8.5cm 高さ9.5cm

ちょうど、僕の手のひらに置くとこんな感じです。

そして、こちらは三合壺
【サイズ】 胴経 11cm 高さ13cm

お塩やお砂糖といっても今は色々と藻塩やゲランドの塩など美味しいお塩もありますもんね

使う用途に合わせて柄、大きさの使い分けなどいかがでしょうか

それでは、休み明け水曜日
ご来店おまちしています(^^)

ブログでご紹介した商品は、こちらの新FRANKオンラインショップでご覧になれます—>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA