まちのシューレ こけし展


心待にしていたシューレのこけし展に行きました。
今日は他にトークイベントもあり、ペーパースカイの編集長、ルーカスさんと
ClASKAギャラリーショップド-の大熊さん、シューレの石村さんの
お話を聞くことができました。
ルーカスさんは自転車で旅をしてその土地の暮らしとか伝統とかを
紙にして伝える仕事などをされてます。
大熊さんにはイベント後に、話しかけていって岡山から来たことを
伝えたら、今回ほんとは岡山にも行きたかったと言ってくれて、
なんだかうれしかったです。
そして、私が持ってるこけしブックを作った方のお一人は
岡山の方だということを知りました。
コチャエの軸原さんという方。
あーなんかすごい。

それと、知らないと知らないままで終わってしまう伝統工芸品、手仕事のものを
知ってもらって今の生活にとりいれてもらいたい。
そのお手伝いをしたいと石村さん。
いいお話が聞けました。
石村さんにははなしかけるタイミングを逃してしまったけど。
そして今日買ったこけしは、宮城の遠刈田のものです。

さらさんにも、もちろん寄りました。
江戸てぬぐい。雪ダルマちゃんを購入。
またのせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

古道具の引取

次の記事

saraさん